審査が厳しい物件

良い物件というのは大体審査が厳しくて、入居に関係なさそうなことまで根掘り葉掘り聞かれることがあります。また印鑑証明や収入証明など、必要になる書類の種類も多くなる傾向があります。また基本的に家賃の高い物件は審査が厳しい傾向にあります。

面倒ですが、良い物件を契約するのに必要なことなので、頑張って集めた方が良いでしょう。

ただ、審査が厳しい物件を探すことはできないので、この条件から優良物件を見つけるのは難しいと思います。不動産会社の担当者に相談してみてもいいかもしれません。

実際の入居審査というのは、実は不動産会社に足を踏み入れた時点でスタートしています。この時点で、服装だとか話し方などから総合的に「この人物は家賃を滞納する恐れがある」と認められた場合は入居審査に落ちてしまいます。車高の低い爆音ワゴンRで乗り付け、ガンベルトみたいなピアスにタトゥー入りでガムを噛みながら物件選びでもしない限りは基本的に落ちることはありません。不動産会社によっては、年収額の記入欄についていくらか融通をきかせてくれるケースもあります。

入居審査落ちたらどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加